kitchen torii

食と食器やキッチンツールがテーマのブログ

挑戦! 本格スパイスカレー -レシピ編-

 今回は「挑戦! 本格スパイスカレー -レシピ編-」ということで早速ですが昨晩作ったスパイスカレーの作り方を紹介したいと思います。

f:id:petitoiseau-u:20200914220756j:plain

スパイスの香りが豊かでお肉も柔らか

【贅沢ビーフのスパイスカレー】

■材料■ ★4皿分

・牛肉(ブロック/ロース・モモ・バラなど) 500g *1

・玉ねぎ 大1個(300g) *2

・トマトピューレ 大さじ4

・プレーンヨーグルト 100g

・生姜 1かけ(10gくらい) *3

・ブイヨン 400ml

・はちみつ 小さじ1

・サラダ油 大さじ3

*1 一口大の大きさに切り、分量外の塩・こしょうを多めに振る。

*2 玉ねぎはみじん切りにしておく。チョッパーなどがあれば簡単にできる。

*3 生姜はすりおろしておく。

 

《スパイスA》

クローブ(ホール) 5粒

・カルダモン 小さじ1/2弱

 

《スパイスB》

ターメリック 小さじ1/2

ホワイトペッパー 小さじ1/2

・リチパウダー 小さじ1

ガラムマサラ 小さじ1強

・クミン 小さじ2

コリアンダー 小さじ2

・塩・こしょう 小さじ1

f:id:petitoiseau-u:20200914220542j:plain

材料とスパイスたち

 

■作り方■ ★調理にはストウブの24㎝ ピコ・ココットラウンドを使用

  1. 鍋にサラダ油大さじ3と《スパイスA》を入れ弱火で熱し、5分ほどゆっくり炒めて香りを引き出す。炒めた後はクローブを取り出す。

            f:id:petitoiseau-u:20200913223823j:plain

  2. みじん切りにした玉ねぎを加え、強火で濃いきつね色になるまで炒める。鍋が焦げないように途中で様子を見ながら火加減を中火~弱火と調節するとよい。大体12分ほどで濃いきつね色なる。その後すりおろした生姜を加えて更に2分ほど炒める。

    f:id:petitoiseau-u:20200913223929j:plain

    炒めて1分後の玉ねぎ

    f:id:petitoiseau-u:20200913224119j:plain

    すりおろし生姜を加える


  3. トマトピューレを加え、水分が飛ぶまで炒める。

    f:id:petitoiseau-u:20200913224201j:plain

    トマトピューレを加える

    f:id:petitoiseau-u:20200913224249j:plain

    水分が飛ぶとこのように纏まる


  4. 弱火にし、《スパイスB》を加えて1~2分しっかり炒める。少量の水を加えて2~3分炒めるとより香りが立ちやすいとのこと。

    f:id:petitoiseau-u:20200913224326j:plain

    《スパイスB》を加える

    f:id:petitoiseau-u:20200913224411j:plain

    炒めた後


  5. 下処理をしておいた牛肉を入れて中火で表面全体が色づくまで炒める。カレーのベースとよく馴染ませる。

    f:id:petitoiseau-u:20200913224516j:plain

    牛肉を加える

    f:id:petitoiseau-u:20200913224545j:plain

    カレーのベースと馴染ませていく


  6. プレーンヨーグルトを加え、混ぜ合わせる。ブイヨンを2回に分けて注ぎ、強火でその都度煮立たせる。弱火にしてはちみつを加え、蓋をしてそのまま弱火で90分煮込んだら完成。※1~6までの過程は大体30分程度。

    f:id:petitoiseau-u:20200913224627j:plain

    プレーンヨーグルトを加える

    f:id:petitoiseau-u:20200913224707j:plain

    ブイヨンを2回に分けて注ぎ入れる

    f:id:petitoiseau-u:20200914223526j:plain

    90分煮込んだ後の香りは本当に豊かで牛肉はほろほろ

 今回このスパイスカレーを作った感想ですが、まずスパイスの香りがものすごくします。総勢8種類のスパイスが喧嘩もせずに上手に調和が取れており、自分でもびっくりするくらい華やかな香りが楽しめました。気づいたことは煮込んでいく途中で蓋を開けて何度か様子を見たのですが、煮込むにつれて香りが徐々に変化し、よりマイルドな柔らかな感じになっていったことです。牛肉も特売などで売っている安いもので十分です。時間をかけて煮込むので驚くほど柔らかく仕上がります。

 では実際に味はと申しますと、もう文句なしでおいしかったです。少しピリリとしたスパイスの程よい刺激と豊かな香りが癖になります。市販のカレールウとは一味も二味も否それ以上違う、お店でいただくようなカレーです。牛肉も時間をかけて煮込んであるので味も染み込み、旨味が増していました。特売の牛肉でしたがその分たくさん牛肉を食べられて贅沢な気分でした。

 

 昨晩色々と支度を終えてから仕込んだので食したのは本日の夕ご飯時でした。家族からの評判も上々でした。

 今の世の中「時短」というワードをよく耳にします。いかに早くできるか、作るか、行えるか、手間を省くということが重要だと言わんばかりの情報があふれています。私も仕事をしているのでご飯の支度、身支度、子どもの支度など早く終えたい、手間を省きたいという気持ちはいつもあります。しかし、時には時間をかけてじっくりと何かに取り組んでみるのもいいものだとスパイスカレーを作りながら思ったのです。私の場合料理と向き合っている時がよい時間の過ごし方となっていることが多いので、時間の許す限り手間暇かけた料理を作ろうかなと思いました。

 いやはやスパイスカレーは奥が深いものだと感じながら、初心者でもこんなにおいしく作ることができるのかという達成感と感動もありました。何はともあれ家族が「おいしいね」と言ってくれることが何よりうれしかったです。